団体モットー「育てあい、育ちあい、支えあい」

事務局住所:〒177-0045

東京都練馬区石神井台5-9-6

Tel&Fax:03-6767-2577

練馬区の子育て団体「手をつなご」のHPです

沿革

1997年

ボランティアグループ手をつなご設立

関町ボランティアコーナーで親子の遊び場の提供を始める

2002年

石神井台7丁目民間アパートを借り子育てのひろば常設

2002~5年

特定非営利活動法人手をつなご東京都より認証・法人登記

(こども未来財団「親子よろこびのひろば事業」助成金事業)

2006年

練馬区子育てのひろば関ぴよぴよ運営受託

2007年

子育てのひろばあいあいあい東大泉開設

(練馬区民設子育てのひろば補助金事業)

2009年

子育てのひろばあいあいあい南大泉開設

(練馬区民設子育てのひろば補助金事業)

2010年 練馬区貫井子ども家庭支援センター・貫井ぴよぴよ運営受託
2011年 練馬区関子ども家庭支援センター運営受託
2012年 練馬区石神井台に事務局開設
2013年

子育てのひろばあいあいあい石神井台開設

(練馬区民設子育てのひろば補助金事業)

2016年 子育てのひろばあいあいあい南大泉移転
2017年 小規模保育園手をつなご石神井台開設

手をつなごのあゆみ

1997年、練馬区の関町地域に中高年の主婦たちが作ったボランティアグループが出発点でした。

「子育てを楽しいものに!」の願いから、お友達作りの場として、0~3歳までのお子さんとお母さんへの遊び場の提供が始まりでした。

当時も今も、地域の世代間の交流が自然になされていること、指導ではない見守りの子育て応援が特徴です。

2002年に特定非営利活動法人手をつなごに法人化しました。

賃貸アパートでの活動を経て、2006年4月より、練馬区子育てのひろば 「関ぴよぴよ」の運営を委託されました。

関ぴよぴよは、練馬区で4番目のぴよぴよです。

その後

2007年1月には「あいあいあい東大泉」が、2009年4月には「あいあいあい南大泉」をオープンし、2010年1月からは「貫井ぴよぴよ」を含む「貫井子ども家庭支援センター」を運営することとなりました。

さらに2011年4月より「関子ども家庭支援センター」の運営を委託され、2013年5月に念願の石神井台の一軒家にて事務局を持ち、6月には「あいあいあい石神井台」が開かれることとなりました。

手をつなごの活動はますますの広がりを見せております。

0歳から70歳代以上が、楽しくつどっています。皆さんのお越しをお待ちしています。


●生活者のやさしさがある普通の家
●「ボランティアコーナーをはやらせてあげようよ」
●「お友達づくりのお手伝いをします」
●最初はちょっと気張ってしまったけれど
●カナダにならって荷物を車に積み込んで
●年額三万円なりのモデル事業
●「高齢者が子育て支援」ですって?
●NPOを設立して国の補助金をもらおう
●「家」を得て、地域に根を下ろす
●人のつながりが自然にできる心地よい新居
●困ったときは行政も「手をつなご」頼み
●長く生きてきた人の役目を地域で果たす
●お父さん同士、あいさつする地域に
●保健師さんが宣伝してくれる
●世代をつなぎ、地域をつなぐ

『現代と保育』59号 丹羽洋子氏「変わる!地域と子育て~地域の資源を掘り起こす」より小見出し抜粋
●生活者のやさしさがある普通の家~
~●世代をつなぎ、地域をつなぐ

(『現代と保育』ひとなる書房)